無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年9月25日 (月)

新橋

新橋で月イチのベテラン飲み会。

20170925kfood00
地下世界に顔を出して…。

20170925torahachi00
毎度ガード下のとら八。

20170925torahachi01
ポテサラから簇生しているのはカリカリチーズ。

20170925torahachi03
不漁でお高いという新サンマいただく。足元が怪しくなりかかっているので早々に退散。

2017年9月23日 (土)

東京のパナマ運河見物

2大水門通過東京運河横断クルーズと銘打ったツアーに参加。扇橋閘門と荒川ロックゲートを船で通過するもの。東京のパナマ運河という、御大層なキャッチフレーズが付いている小名木川と旧中川の閘門通過を体験できる。1001から工事で小名木川の扇橋閘門が通過できなくなる(20190331完成予定)というので見物に。

20170923nihonbashi00
ツアーの集合場所は日本橋のたもと滝の広場。こんなところがあるのを知らなかった。

20170923nihonbashi04
我らが乗ったのは手前のかのん号。もちろんパナマックスサイズである。

20170923nihonbashigawa10
日本橋川を下る。画像は日本橋水門で、向こうは亀島川。

20070523nihonbashisuimon00
亀島川方から見た日本橋水門(20070523)。近所の焼き鳥屋に行ったんだね。

20170923sumidagawa05
隅田川に入るとやや波が高くなったようだ。清洲橋とスカイツリー。

20170923sumidagawa08
清洲橋の辺りでホタルナとすれ違う。

20170923onagigawa00
芭蕉庵史跡展望庭園を横目に、小名木川に入る。

20170923onagigawa17
扇橋閘門が見えてきたぞ。

20170923onagigawa19
前扉から閘室へ。扉から水が落ちてくるので、カサを拡げて通過。

20170923onagigawa34
隅田川の方が水位が高いんだね。ここで前方の旧中川の水位に合わせる。

20170923onagigawa37
振り返れば前扉が閉まっている。

20170923onagigawa42
後扉が開いて前進。

20170923onagigawa45
本物のパナマ運河に行った知人によれば、桃色ペリカンだかフラミンゴだかが、太平洋と大西洋を行き来していたというが、ここではサギの類が目につく。

20170923onagigawa59
越中島線の橋梁を下から見る。複線分のスペースがあるが、単線で使っている。

20130905akagawa09
同様に(小名木川と淀川では規模が違うが)単線で使っていたのが城東貨物線の通称赤川橋梁だ(20130905)。こちらは使っていない方を歩道として開放しておった。その後おおさか東線に組み込まれることになり、めでたく複線化の運びとなった。

20170923onagigawa70
番所橋をくぐれば旧中川だ。

20170923arakawalockgate00
旧中川と荒川をつなぐ荒川ロックゲート。荒川の方が水位が高く、ここでも同様のやり方で船舶が通過できるようになっている。

20170923arakawalockgate06
カサを差してGO!!

20170923komatsugawa12
1930年の荒川放水路(今は荒川と呼んでいる)完成時にも、同様の設備はあったが、地盤沈下や陸運の発展により舟運が衰退、閉鎖されていた。それが災害時の物流を強く意識して復活完成したのは2005年であった。

20170923komatsugawa00
一瞬荒川に出て、クルーズの終点は小松川リバーステーション。

20170923arakawa01
荒川下流方を見る。

20170923komatsugawa16
昭和初期に利用していた閘門の遺構。現在、ほとんどの物流はトラックによる道路輸送に頼っているが、冗長性をもたせるに越したことはないだろう。その場合、量とスピードはどうだろうか。

2017年9月20日 (水)

渋谷方面

昔の仲間とぶちかます。集合場所はメトロ明治神宮前駅だが、その前にJR渋谷駅見物。

20170920shibuya01
埼京線ホーム北端から(たぶん)新ホーム方を見る。路盤にレールのガイド(無学で名称知らず)が見えている。

20170920shibuya02_2
東横線の地上ホームにあった鋼製ケタは渋谷ストリーム(南街区)との通路にリユースするとか。忘却の彼方に消えかかっているが、東横線地上駅のホームは246の先まであった。ぐずぐずしていたら時間がなくなってきて、いつものヒカリエ9階は諦める。

20170920harajukugyoza00
ランチタイムには毎日行列ができるという、メトロ明治神宮前駅付近の原宿餃子樓にすんなり入れた。2人のうちどちらかが、日頃善行を積んでいるからだろう。

画像は生ビール自動サーバー。途中でジョッキの角度を変えるとは芸が細かい。初めて見たので撮影していたら、連れからファミレスでは、殆ど標準装備と言われた。クルマがないこともあり、ファミレス事情に疎い吾人である。

20170920harajukugyoza03
餃子のお店に来たので餃子をいただく。

20170920fujiya00
ここまで来たら富士屋本店だね。

20170920fujiya05
小アジ唐揚げと出会う幸せ。

20170920fujiya06
レンコン天、シイタケ天旨し。

20170920fujiya04
スパサラ。

久々の外飲み、楽しゅうございました。また声掛けてね~。

2017年9月19日 (火)

西游2伏妖篇(西遊記2妖怪の逆襲)

西遊記2妖怪の逆襲が公開になったので、TOHOシネマズ六本木ヒルズに見に行く。以前第7回したまちコメディ映画祭で見た西遊記~はじまりのはじまり~(西游・降魔篇)の続編。どういうわけか周星馳は監製に回り徐克が監督している。

20170919tohocinemasroppongi00
今回は三蔵法師クリス呉亦凡、孫悟空ケニー林更新といったメンバー。メイクでよくわからんが八戒も沙悟浄も前回と違うと思う。すぐわかった連続出演者は師傅の程思寒、回想シーンの舒淇くらい。

悟空ともめながら取経の旅を続ける三蔵法師(妖怪ハンターと自称してもいる)だが、悟空に対する物言いが話題の女性代議士さんの口調(字幕だけど)のようでおかしかった。クリス呉が出た映画何本か見たが、今回は坊主頭も凜々しくなかなかよろしい。

主な女優は全部妖怪。人魚姫だった林允が白骨精。ついでにいえば今回監督の徐老怪は、人魚姫ではキティ張雨綺のパパだった。蜘蛛精は王麗坤だが、あの場所で君を待ってる(有一個地方只有我們知道)でクリスと共演している。あの場所~ではチェリストと留学生だったが、三蔵と蜘蛛精。まあ役者だから言われれば何でもやるわな。

国王を幽閉して比丘国を乗っ取った紅孩児(牛魔王と鉄扇公主の子か)は全くのアニメ。その国の国師だが実は九頭の金ワシというのが姚晨。何だか仲間由紀恵そっくりに見えた。九層妖塔の楊萍(とシャーリー)とか捉妖記(料理人)、風暴(林家棟のパートナー)なんかで見た時はそんなこと感じなかったのにね。

エンドロール最後のNG集(ではないが)は必見。本編が終わったからといって、席を立ってはいけない。

<おまけ>
20170902beijing063
今月頭、団体ツアーでチャイナに行ったが、北京中クリスの看板が氾濫しておった。スマホかね。

<さらにおまけ>
20170919eidan13006roppongi00
毎度ヒルズへ行くには日比谷線六本木駅構内通過証を利用、メトロ駅構内を通過しているが、今回ホームで13000系に遭遇。13000系を目にするのは昨年12月の特別運行以来のこと。

2017年9月18日 (月)

錦糸町でワイン

錦糸町で重要な案件のあった敬老の日。無事終わったので反省会を企画。南口の丸源を想定したが、なぜか見あたらない。引きずり回した同学の皆さんには申し訳ないことをした。

20170918barubaru00
嗅覚をたよりにワインのお店に入ってみる。大衆ワイン酒場バルバルだ。

20170918barubaru01
せっかくのワイン酒場なのでスパークリングで乾杯。下半身のマスが和風というか、錦糸町的といおうか…。

20170918barubaru05
肉。何だかゴールデンミートバルみたいなノリになってきたぞ。

20170918barubaru04
そういえばキツツキ??のラベルのチリワインも既視感たっぷり。

20170918barubaru06
ポテト旨し。

まあ結果オーライといえなくもないが、企図した場所に行けなかったのはマズい。事前の準備が大事だね、特に周囲を巻き込む場合は。というわけで深く反省。

2017年9月16日 (土)

上海で見かけたトロバスとか

今月頭、老婆のお供でちょっとチャイナへ団体ツアー。上海で見たトロリーバス類を掲出。

20170906shanghai30
北京もそうだったと思うが、普通にトロリーバスがポールを下げて走り回っている。画像は市内で見かけた連接バス。ポールを下げているのと、(右側通行なのに)歩道側に昇降ドアがないのにびっくりした。現地の方には普通の風景なのだろうが。

20170906shanghai34
こちらは連接ではないが、左側ドア。見てないので断言はできないが、センター部に島式バス停を備えた区間の専用車としか考えられない。これもポールを下ろしたまま、走り去った。今ごろ気づいたが、連接バスと赤帯など配色が同じところをみると、共通組織に属しているのかも。

20170907capacitorbusshanghai06
トロリーバスの範疇ではないだろうが、電気バスの充電ステーション。新幹線500系みたいなT字型の集電装置を伸ばしている。車体にキャパシターと書いてあるのでバッテリーではなく、コンデンサー的なものに充電して走るのだろう。

20170907capacitorbusshanghai00
走行中は集電装置を屋根上に畳んでいる。見たところ普通に走っておった。

ポールを下ろしたトロバスが排気を出しているようには見えない。非架線区間も電動機で走っているのだろう。こういったものを日本で見たことがない。チャイナ進んでいるなぁ!!

2017年9月14日 (木)

スキップ・トレース(絶地逃亡)

成龍ジャッキー・チェン主演作スキップ・トレース(絶地逃亡)が公開になったのでT・ジョイSEIBU大泉に自転車で見に行く。

20170911tjoy00
ジャッキーは香港警察のベニー・チャン(微苦笑)。詐欺師で重要事件の目撃者でもあるコナー・ワッツ(ジョニー・ノックスビル飾)を追ってロシアへ。そこから香港まで連行??するという道中記。まあ大兵小将のような構造だ。

途中、モンゴルの砂漠、少数民族の村などを通過する。プログラムを読むと、映画に真実味をもたらすため、本作はオールロケと強調しているが、それぞれの場面にリアリティがあっても、ロシアから中国まで、現地で交通手段を調達しつつ、ほとんど歩くという設定は途方もない大話だ。地続きの大陸で暮らす人々はそのように感じないのだろうか。

観光映画としてみれば、少数民族の村なんか見られて文句はない。少女たちに、歌わないと通せんぼ―といわれたワッツが、いきなり明明白白我的心~♪と歌い始めたのには驚いた。この男、池袋あたりのよくない卡拉OKで成龍のデュエット曲歌っているに違いない。クルーズターミナルとなった啓徳空港跡も出てきた。

主役2人の他、男優はエリック曾志偉、ウインストン趙文瑄、韓国枠??でヨン・ジョンフン延政勲。何かやってくれそうな警察の上役がマイケル王敏德といったところ。悪役陣の役割とヒエラルヒーがよくわからなかったので、最後の仕掛けも理解しにくい。リチャード呉耀漢が一瞬。ディラン郭品超も出たが、後ろの方にいただけで気の毒。

女優の目玉は范冰冰で重要な役だが、大して出番がなかったような印象。最近成龍電影の女子戦闘員として重用されている張藍心も今回は出番が少ない。まあ鉄道飛虎の女将校??よりはマシ。女性でアクションが目立ったのはイブ・トーレスだが、道中記だとすれば旅の出来ごと以外のエピソードは添え物だ。

最後の最後に点穴のような動きがあったが何じゃろ??

20170911oizumi00
東映アニメ大泉スタジオ建替工事風景(0911撮)の掲出は0417以来だが、もう完成したように見える。こういうものは建屋より、中の設備の据えつけ調整とかに時間がかかりそうな気がする。

2017年9月10日 (日)

青ガエルの東急5050系を見る

東急が東横線全通(当時の神奈川まで)90周年を紀念して青ガエルメイクの5050系を走らせているというので、お手軽に最寄りの保谷で見物。

20170910tokyu5122hoya00
なかなかよい雰囲気。まあ90年前に緑一色だったわけではない。昭和30~40年代に活躍した初代5000系の緑一色が、当時としては新鮮だったということなのだろう。その後東急は無塗装に進む。

東急HPのリリースに青ガエルと記してあったので、冒頭青ガエルメイクと書いてしまったが、。当時青ガエルと呼ばれていたかどうか知らない。老生は40年代に通学で東横線を使っていたが、沿線に住んでいたわけではないので、その辺は不確かだ。

20170910tokyu5122hoya03
いずれにせよ東横線開通90周年記念列車が小手指行きというのが、時の流れを感じさせますな。

2017年8月27日 (日)

石神井公園

原則日曜午前は石神井公園で重要な案件があるので、保谷から出かける。

20170827shakujii01
重要な案件の前に、補助132号道路整備に伴い撤去されたお屋敷跡を見物。街路新設(排水施設)工事は1106までと表示されている。

20170827shakujii030
一部で話題になっているかもしれない水飲み場。石神井公園では1階コンコースの西口方海側にある。

20100314shakujii02
上り線のみ高架だった20100314、下り地上ホームで撮影した水飲み場。こういうものとか、後方の廃レールの柱も高架以前の味わいですな。

20170827shakujii05
下りホーム東端から見た受楽東側のビル。1階に薬局が入り、2階がサイゼリヤ(緑の看板の縁が見えている)だが、3階に内視鏡消化器内科クリニック9月開院予定の文字が。内側に花が飾られているように見える。さらに5階の窓の文字が2018年春皮膚科美容皮膚科新規開院と読める。医療機関が充実するのは結構なことだ。

2017年8月25日 (金)

保谷

20170825hoya03
0307以来の保谷武蔵野跡見物。前回は空き地といった風情だったが、今回行ってみたら工事現場と化していた。西武の前身武蔵野鉄道にも関わった高橋家の屋敷跡で、後に保谷武蔵野という料理店になっていた。それが20021115をもって閉店。跡地は10年以上ファミレス、(コンビニ→)自転車店だったと思う。

20170825hoya04
西側から眺める。前回確認した大規模開発事業についてという表示によれば、高さ41.98mの共同住宅が2棟、153戸できるらしい。

20170823hoya02
こちらは保谷駅北口土地(0823)。何か動きがあるようだが、社員寮建設につながるのか、そうでないのか、よくわからん。

«保谷⇔光が丘 みどりバスに乗ってみる